カロバイプラス 生理中
ダイエットをしていても、生理中だと少しのことで体に負担がかかるだけでなく、気分も下がりやすいのでなかなかうまくダイエットを進めることができないですよね。

ダイエットの仕方によっては生理中になるとイライラしやすくなったり、うまく体重が減られなり、体調不良を起こすことも…

カロバイプラスは飲むだけでダイエットサポートできると話題のサプリですが、生理中に飲んでも問題はないのでしょうか?

カロバイプラスは生理中に飲んでも問題なし?

カロバイプラスに含まれている成分を調べましたが、生理中に飲んでも問題なく、安全性が認められている成分しか入っていませんでした。

そのため、生理中でもカロバイプラスを飲んでももちろん大丈夫ですので、安心して摂取してくださいね。

カロバイプラスの口コミを見ても、生理中にカロバイプラスを飲んだからといって副作用の症状が出たといった報告はどこにも寄せられていませんでした。

生理中になったからカロバイプラスの摂取を止めなくてはいけないということはないので、そのまま続けて飲んで大丈夫ですね。

飲み方を間違えると生理が止まる!?

カロバイプラスは生理中でも正しい飲み方をしていれば、問題なく毎日摂取し続けることができます。

ただし、カロバイプラスでファスティングをするのであれば、生理中は避けるようにしましょう。

カロバイプラスはファスティングに使う方法もあり、ファンディング中でもきちんと栄養を補給することができるとされていますが、生理中に行ってしまうと体調不良を起こすことも考えられます。

そこまで悪化することはほぼないと考えてもいいのですが、何度もファスティングを続けていると生理が止まってしまう可能性はあります。

1か月に2~3日など短期間のファスティングにはカロバイプラスは良いとされていますが、どんなダイエット商品を使うにしても、生理中にファスティングしてしまうと体に大きな負担がかかってしまうので、絶対に止めてください。

カロバイプラスでファスティングをするのであれば、生理中は避け、生理が終わってから1週間ほどあけ、体の様子を見ながら始めてくださいね。

生理中でも置き換えダイエットならOK!

カロバイプラスを使ったとしても、生理中であれば体に負担がかかってしまって体調不良を起こす危険性があります。

そこで、おすすめなのがカロバイプラスを使った置き換えダイエットです。

1日の食事のうち、1食だけをカロバイプラスと置き換えるだけで、1日の摂取カロリーを簡単に抑えることができます。

ファスティングだと何日も食べてはいけないので、空腹が辛いですし、短期間で痩せてもストレスからまた食べ過ぎてしまうようになることも…

置き換えダイエットであれば、1食だけを置き換えるだけでいいので、さほど空腹の辛さを我慢しなくていいですし、体に負担もかかりにくいダイエット法なのです。

ここで注意してほしいのが、生理中にカロバイプラスで置き換えダイエットを行うのであれば、朝に行いましょう。

夜の置き換えダイエットのほうが、摂取カロリーをより抑えることができますが、生理中はエネルギーを使うので、ただでさえお腹が空きやすいですよね。

生理中は無理に食事量を減らしてしまうと体に負担がかかりやすくなってしまうので、1日の食事の中でも、もっとも食事量が少ない朝食に行ってみましょう。

生理中でもカロバイプラスを飲んでも、体に負担がかかることはありません。

ただし、全く食べないなどの無理なダイエットを続けてしまうと、生理中は特に体への負担がかかりやすくなってしまいます。

生理中は何よりも体調を重視して無理のない程度に行いましょう。